忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Mats/Morgan Band / Thanks for Flying with Us (2005年)



今回紹介する名盤はFrank Zappa学校卒業生の2人組バンドのアルバムです。

ジャンル

プログレッシブロック
ジャズロック
フリージャズ

スウェーデン

Morgan Ågren
Mats Öberg



バンド

Mats/Morgan Bandはスペーシーな音色でユニークなメロディーを、全盲ということを疑うくらいの勢いでかき鳴らすキーボードMats Öbergと、10代ですでに完成されていた幾何学的な変拍子を怒濤の手数で叩きまくるドラムMorgan Ågrenの幼馴染み二人組が中心となったバンドになります。

世界の数ある変態バンドの中でも、かなりレベルの高い技術力を持っています。

スタジオアルバムに負けないくらいライブアルバムを出すほどのライブバンドで、スタジオアルバムはコミカルなメロディーをサラッと弾きこなすキーボードがキラリと光りますが、ライブアルバムになると鬼のような暴れまくるドラムに聴き惚れます。

音源だけじゃ何がどうなってるのかが全くわかりませんが、ライブ映像を見てもやっぱり何がどうなってるのかわからないくらい凄まじい演奏なんです。

彼らを有名にしたのは他でもない2人が敬愛するFrank Zappaでしょう。
10代そこそこでFrank Zappaの完コピをやってのけ、Frank Zappaがその演奏技術を絶賛したといいます。

そして、1993年にFrank Zappaが発表した「Zappa Univers」に参加し一躍注目を集め、1996年にMats/Morgan Bandとして「Trends and Other Diseases」を発表し、様々な超絶技巧の名手達を迎えながら現在まで活動しています。

因みにその名手達の中にはMorgan Ågrenの弟Jimmy Ågrenやテルミン奏者、スプーン奏者など一筋縄ではいかない編成の時もあります。

自分で書いといて意味不明ですが、King Crimsonの演奏技術とFrank Zappaの変態センスを未来的に解釈したような音楽です。


アルバム
本作は数々のライブなどで脂の乗ったMats/Morgan Bandの3枚目のスタジオアルバムになります。

相変わらず変態度合いは健在で1枚のアルバムの中で縦横無尽にジャンルの垣根を行き来する様は聴いていて楽しいです。

もっと言うと1曲の間でジャズやプログレ、エレクトロニカ、ポストロックなど目まぐるしく移り変わるのにも関わらず、ひとつの音楽として完成されているから驚かされます。

独特の浮遊感を作り出す自由奔放なメロディーに、緻密に計算されためちゃめちゃな変拍子に聴くものをトリップさせてしまいます。

玄人集団が精巧に考え抜かれた音楽を好き勝手演奏して出来上がった人懐っこい名盤を是非。

Sinus


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]