忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

羊毛とおはな / LIVE IN LIVING '07 (2007年)



今回紹介する名盤はおしゃれのカフェや洋服屋でよく耳にするアコースティックデュオのアルバムです。

ジャンル

アコースティック
フォーク
カントリー

日本

千葉はな
市川和則


アーティスト

羊毛とおはなは2003年にインターネットのバンドメンバー募集サイトで知り合い、その時の市川和則のハンドルネームが「羊毛」だったので二人の名前を合わせた「羊毛とおはな」で活動開始します。

2007年にヴィレッジヴァンガード限定のデビュー盤を発売し、このCDが売れない時代に全国で3000枚を売り上げました。
たったの3000枚と思う方もいるかもしれませんが、これは凄いことなんです。

なぜなら、紅白歌合戦の常連とも言える和田アキ子が2010年に発表された「人生はこれから」は500枚に届きませんでした。 
また、日本のヒップホップ界の重鎮Zeebraも2010年に発表された「Fly Away」と2011年に発表された「 Blue Feat. AI」は共に600枚前後ということを考えると、無名のアーティストのデビュー作がヴィレッジヴァンガード限定という縛りで3000枚は大健闘と言えます。

羊毛とおはなは「まるでリビングルームでライブをしているかのよう」というコンセプトで音楽活動をしているのですが、本当にこのコンセプト通りのサウンドが盛りだくさんです。
このコンセプトならではなのか、邦楽洋楽問わずいろいろな名曲をカバーしているのも特徴の1つと言えます。

4月8日に千葉はなは乳がんのため36歳の若さで逝去しました。

御冥福をお祈り致します。


アルバム

本作は上記したようにヴィレッジヴァンガード限定で販売され3000枚を売り上げたデビュー作です。

本作のカバー曲はCarole Kingの「So Far Away」とStingの「Englishman in New York」そしてPaul McCartneyの「Wonderful Christmastime」です。

どれも羊毛とおはならしいカバーになっていて、知らない人が聴いたらどれがカバー曲なのかがわからないと思います。

マスタリング エンジニアに山下達郎や竹内まりやの作品を手掛ける原田光晴が起用されています。

羊毛のような暖かく柔らかいギターの音と、おはなのような可愛らしく力強い歌声が聴ける名盤を是非。

Englishman in New York


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]