忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

TAMIKREST / Chatma (2013年)



今回紹介する名盤は「砂漠のブルース」と形容されるジャンルの若手バンドのアルバムです。

ジャンル

サイケデリックロック
ワールドミュージック
ブルース

西アフリカ

Ousmane Ag Mossa
Aghaly Ag Mohamedine
Cheick Ag Tiglia
Ibrahim Ag Ahmed Salam
Wannou Wallet Sidaty

バンド

砂漠のブルースと言って真っ先に思い浮かぶバンドはグラミー賞経験者の「TINARIWEN」でしょう。

TAMIKRESTは「TINARIWEN」の影響を受けつつ、Jimi HendrixやBob MarleyPink Floyd、そしてMark Knopflerといった欧米のバンドの影響も受けています。

そこにアフリカ独自の民族楽器をパーカッションで使うことでTAMIKRESTの独特な音世界はできています。

砂漠のブルースと欧米ロックが程好くブレンドされて、ワールドミュージックの入門にもってこいのバンドだと思います。

TAMIKRESTとは「結び目」という意味があります。
TAMIKRESTがあなたとワールドミュージックの結び目となって更にたくさんの音楽に触れてもらえる切欠にと思います。

彼らの作り出す哀愁感漂う渋い音楽性に、トゥアラグ人の心叫びともいえる深いメッセージ性からは想像もつきませんが、TAMIKRESTのメンバーのほとんどが20代後半といった若者で構成されています。

アルバム

本作はTAMIKRESTの3枚目のアルバムです。

1曲目を流した瞬間にTAMIKRESTの醍醐味と言える、砂漠の風のような乾いたギターの音が聴こえたかと思うと、ドラムとベースの圧倒的なグルーヴに乗せて呪術的なボーカルで独特の音世界に耳を奪われます。

本作はトゥアレグの人々が直面している様々な問題について人々を勇気づけるメッセージが込められています。

彼らは武力行使による問題解決ではなく、武器の代わりに楽器を持ち替え世界に向けて歌うのです。

Bob Marleyの言葉で「音に打ちのめされて傷付くものはいない。それが音楽のいいところさ」というのがあります。

彼らは尊敬するBob Marleyの意志をしっかりと受け継いでいます。

乾いたギターサウンドに渇いた心の叫びにも似たメッセージ、砂漠の魂の名盤を是非。

Imanin bas zihoun

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]